孤独死の現場を原状回復するには

近年、日本で大きな社会問題となっている「孤独死」ですが、

孤独死が見つかった時、その現場の片付けはだれが行うものかご存知でしょうか?

警察でしょうか?それとも葬儀会社でしょうか?

残念がらどちらも違います…、正解は「親族」です。

一人暮らしの方であっても、病院で亡くなる分には大きな問題はありません。

死後の手続きもスムーズに行われますし、自宅の片付けも常識の範囲内で終わります。

でも、孤独死のように家に一人で誰にも気づかれずに亡くなると…、

親族の方たちにはなかなか困難な問題が残されることになります。

孤独死の場合、遺体が発見されるまでに時間がかなり経過していることも多く、

遺体は腐敗・腐乱が進み、現場はまさに凄惨な状況を極めます。

遺体自体は警察によって犬歯のために引き取られるのですが、

現場には腐敗液や汚物、害虫、そして腐敗臭がそのまま残されます。

これらは全て、親族の方が処分しなければいけないのです…。

でも、実際の所、親族の方が自分で片付けをすると言うのは無理な橋ですよね。

とはいえハウスクリーニングに依頼するわけにもいきません…。

そんな時に力になってくれるのが、そう「特殊清掃」なのです。

特殊清掃とは、孤独死や事故死、自殺死などの現場を清掃・原状回復するサービスです。

独自の清掃技術によって、凄惨な現場を元通りにまで原状回復してくれます。

残された遺族にとって大問題とも言える現場の原状回復をワンストップで請け負ってくれます。

万一のことがあったら…、ぜひ特殊清掃の存在を思い出して下さい。