依頼から作業終了までの流れ

特殊清掃の全体の流れを依頼から清掃終了まで見てみましょう。

先ず、遺体が見つかったらすぐに警察に連絡し、

同時に特殊清掃サービスにも早めに連絡することをオススメします。

警察が入ると現場は立ち入りを制限されてしまいますが、

後々の流れをスムーズに行うためにも、

早めに特殊清掃サービスに連絡するとよいでしょう。

現場検証と遺体の引き取りが終了したら、

特殊清掃サービスの担当者と一緒に現場へ入ります。

担当者と一緒に現場の状況確認をし、

どのような清掃が必要になるのかをチェックし、

それにかかる費用がいくら位になるのか見積もりをしてもらいます。

もし、この時の見積に疑問点を感じるようであれば、

疑問が亡くなるまでしっかりと質問することをオススメします。

最終的に納得出来ないようなら断っても大丈夫です。

また別の業者に見積もりしてもらうとよいでしょう。

見積内容に納得できたら契約の上、作業日程を決めます。

作業日当日は立会を求められるケースが多いようです。

現場は消毒後、特殊清掃と汚染箇所の解体が行われます。

更に遺品の整理・処分を行い家の中が綺麗になったところで、

最後に家全体をもう一度消毒・消臭して終了です。

あまりにも腐敗臭がひどい場合には、

リフォームやクロスの張り替えも検討しなければいけません。

作業が終わったら、今一度作業内容を確認した上で、

特にやり残しや不満がなければ作業終了になります。

リフォームなどが必要な場合は、

更に数日作業日が続きますので注意しましょう。